« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

あじの干物ファンクラブ結成

さっき、あじの干物を食べたんじゃけど、これが旨いのなんのって。ほんとに。表面カリカリで香ばしくて、中は柔らかで脂がのっていて。

今度また、あじが釣れたら干物作ろーっと!

という訳で、本日たった今、あじの干物ファンクラブを結成しました。

| | コメント (9)
|

恐怖の請求書

遂にあの時の請求書が来た。

おそるおそる明細を見てみた。

Img_0234

ふ~。よかったぁ。

想定の範囲内だった。

陸揚げしたついでに、オイル交換やトリムタブ交換も頼んでおいたので、

今回のロアケース溶接修理代と合わせて、もし二桁いっていたらしばらくは釣りにも行けんかな~と内心憂慮していた。(かなり大袈裟。釣りに行かないはずないじゃんか。)

しかも、頼んでもないインペラ交換までやってくれているではないか。

インペラ交換は2年前にやってはいるが、今回ロアケースを分解したついでにやってくれたのであろう。

好意的な某マリーナさんに感謝!

でも5万円以上 10万円以下の大出費には間違えない。

その分広島湾の魚を全部釣って釣って釣りまくってやる~。

(誰かのブログのキャッチフレーズみたいだ。)

でもまじめな話、暗礁をはじめ、濃霧時や夜間航行など気を引き締めて操船せねば。

| | コメント (6)
|

あじの干物はどうかな?

昨日のあじ釣りの最中、即効で開いてルーフの上で干しちゃった。

Img_0230_1

初めは、屋形からぶら下げていたんだけど、何回頭に当たっても学習できなくて、わずらわしいのでルーフに乗っけてしまった。

Img_0227_1

明日、食べる予定。

実は先日のFUJIさんの干物講義を見てから、いつか挑戦しようと思っていたんですよ。

| | コメント (7)
|

やっぱりアジにしよっと!

さてさて今週は大鯖探しか、あじか悩んだあげく、やっぱりあじにした。

参加メンバーは3月のサーベリング以来というなめ茸部長、最近絶好調のホーリー君、今年で77歳とは思えないくらい元気な(釣りの時だけ)じいちゃんの3人。

先ずは、○×島でやってみるが、予想に反してあじさんは釣れない。

あじ1匹と赤いのが15匹くらい。

新調の浦舟で赤いやつをゲットしたホーリー君。

Img_0222

なめたけ部長も赤いやつゲット。ん??何かやたら手がデカイぞ。

Img_0224

そのうち、yukiさん?が現れて今日は釣れないねえ~と少しお話し。

どうもはじめまして!

あれからどこへ行ったんですか?

そして幾度となくアンカーを打ち直してポイントに入るが、あじさんは一向に来ない。もーがまんの限界だ、移動を決意。

アンカーをあげて、nyhさんともっち~さんも来ているようなでごあいさつに。どうですかー?今日は全然駄目ですね~。これからポイント開拓に行ってきまーす。

Img_0226

で○×島から離脱し、△○島へ。

ここでも、ぜーんぜーんなーにも釣れなーいので、あきらめて弁当でも食べようかーって、サランラップを剥きかけたその時、待望の当たりが!

ここからが本日のメインイベント。あじあじカーニバルだ!

あじ、あじ、あじ、あじ、あじ、あじ。みんな弁当もほっちら投げたまま釣りに没頭している。無邪気じゃね~。

Img_0228

Img_0229

フィッシャーマン大さんにあじ入れ食い情報を連絡し、すぐにかっ飛んで来られましたが残念。時すでに遅し。

ごめんなさい。あれからどうでしたか?

そして、あっという間にあじ100匹!

Img_0232

あ~今日も楽しかった。おしまい。

| | コメント (7)
|

あじ!さば!爆釣!

今週こそ、大鯖釣りたいぞー!と言う事でホーリー君、ウィッキー君、飯鯖君、じいちゃんを乗せて早朝5時に出航した。

行き先はもちろん甲島と伊勢小島の中間。早朝だからか船団は5~6と艇少ないが、まあ、やってみよう。

Img_0202

※この後、竿をぽっちゃ~んと落とす事は今は知る由もなく、最高の笑顔のホーリー君(涙 浦船さんさようなら~。

鯖はポツリポツリと来るが35cmくらいで型が今一良くない。40cmオーバーは3本くらいかな。

しかも、群れが小さくサバサバフィーバーするような入れ食いにもならない。

10時になっても船団はさほど大きくはならず、50艇くらいがすごく広~い範囲にバラけている。

Img_0209

誰じゃ~、鯖釣りに来てイカ釣る奴は!

Img_0208

あれ~、今週も偶然に師匠と出会った。しばらく近くで鯖やっていたが、気がついたらいなくなっていた。伊勢小かどっかにあじ釣りに行ったんだろう。

Img_0206

鯖の状況が一向に良くならないので移動を決意。今度はいつもの所であじ狙いだ。

======================

良いねえ~。やはりここは、あじさん入れ食いだね~。

あれっホーリー君の竿が変わってるぞ。

Img_0215

うーんクールな飯鯖君。

Img_0213

大ばかやろうですね。

(あじの踊り食いだって。)

Img_0214

3週連続でチヌゲット。

(そんな渋い顔しんさんな。)

Img_0210

更にじいちゃんにもチヌが。。。

Img_0211

甲島南での釣果。

鯖数える気がしない。

Img_0216

○×島での釣果。

あじ、チダイ等、更に数える気がしない。

Img_0217

けっこうな数になったな~。

大漁、大漁!

| | コメント (11)
|

勇斗丸(はやとまる)Ⅲの晴れ姿

2週連続で同行されたフィッシャーマン大さんのCHIZURUⅢの走行写真があまりにカッコ良いので、今度は勇斗丸(はやとまる)Ⅲも撮ってもらった。

Img_0185_5  

う~ん、お世辞にもカッチョエーとは言えん。

でも老体ながら良く頑張ってくれているので写真を公開しようっと!

これからまだまだいっしょに週末を過ごす相棒なので大事にしなきゃね。

Img_0159_3

こちらは、CHIZURUⅢです。

いつかは。。。○○

| | コメント (8)
|

あじあじカーニバル!

今日も先週と同じくフィッシャーマン大さんと2艇での釣行だ。

Img_0158_2

ミノポンさん、イノポンさん、じいちゃんがCHIZURUⅢに乗船し、サンダール野ぐぽんさん、近ちゃん、万鯖さんが勇斗丸(はやとまる)に乗船し、いざ出航!。狙いは○×島のあじあじ。

Img_0161_1

朝一からあじあじ入れ食いだー。

あじだ。メバルだ。チヌだ。と大いに盛り上がった。

しかしまあ、アホな奴ばかりじゃ(記念撮影)

Img_0170_1

Img_0171_1

Img_0164

Img_0167_1

しかし、8時半くらいからパタっと釣れなくなってしまった。

気がつくと周辺には船が沢山集まっているがあまり釣れている様子はない。

そんな中1艇のみあじらしき魚を釣っている船を発見したので、なりふり構わず接近してみたらなんと私のボートフィッシング師匠であった。

Img_0177_1

ちわっす!どうですか?

あじとめばる少々。

はーい、頑張ってくださーい。

近くにアンカリングしやってみたがなんも釣れん。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あれ反対側には、Yさんもいる。

Img_0175_2

どう?

駄目~。さっきのはグチ。

じゃあ、頑張って!

。。。。。。。。。。。。。。

少し向こう側にはおや、もっち~さんもいる。

Img_0179_1

こんちわっす!

はじめまして。

どうですか?

駄目~、わしボーズ。

じゃあ、頑張って下さーい。

あれ、ひでまるさんもいる。

どうですか?

さっきまで甲で鯖やってたけど、あまり釣れないのでこっちに来たんよ。

では、がんばってください。

すんませーん。写真取ってなかった。

でもって、最後に南側を流してあじ少々追加し納竿。

Img_0180_1

    

 あ~楽しかった。

  Img_0172_1                                   

フィッシャーマン大さん、今回も大変お世話になりました。

Img_0182_1

| | コメント (10)
|

サバサバフェスティバル

今日は、万鯖さん、じいちゃんをCHIZURUⅢに乗せてもらい、ウィッキーさん、ホーリー鯖秋君、が勇斗丸(はやとまる)に乗船し5:15サンマリーン桟橋を出発!

Img_0123

狙いはもちろん大鯖。姫小島沖に船団はいないようなので甲島まで行ってみたがここにも5~6艇しかいない。仕方ないがここは実績があるのでしばらくやってみることにした。

Img_0127_1

しばらくすると、鯖ヒット!しかし群れが小さいようで、盛り上がるまでの釣果はない。

Img_0131

まあまあの鯖君。その後続かず、10:30時点で勇斗丸(はやとまる)大鯖2匹、CHIZURUⅢ大鯖4本。

これ以上粘っても釣れそうな気がしないので移動を決意。

○×島では小さいがあじさん入れ食いだ。

Img_0133 Img_0134

おっ、これはなかなかの引きだぞ。引く引く~!おもしろい。タモを準備してくれい。

これ45cmありました。

Img_0132

その後も小あじの入れ食いは続き餌切れ納竿。

Img_0135

あーよう遊んだ!

フィッシャーマン大さん、今日は大変お世話になりました。

| | コメント (11)
|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »